スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧米では専業主婦は多いですか?

tag : 主婦 海外 発言小町 女性

欧米では専業主婦は多いですか? カレドニア 2010年9月9日 10:55

こんにちは。
日本在住30歳女です。
DINKSです。

私は海外に滞在した経験が無いので、
非常に興味があるので今回の質問なのですが、
欧米では日本のように専業主婦は多いのですか?
それとも、やはり共働きで二人で収入を支えていくスタイルが多いのですか?
特にヨーロッパの専業主婦のイメージは経済的にかなりの余裕があって、
趣味を専門業にしたりと、優雅な感じがします。
逆にアメリカだと、奥様方もバリバリと仕事しているイメージが強いので、
あまり専業主婦がいなそうな感じでしょうか?
もちろん地域差もあるかと思いますが。


専業主婦多い地域に住んでいます おれんじ 2010年9月9日 11:55


南カリフォルニア、裕福な層の多いエリアに住んでいます。ここに住むアジア系移民は、私も含めて共稼ぎの女性が多いです。留学して、こちらで修士や博士をとって就職したから、ということのようです。

が、白人は専業主婦が多いです。子供の学校や習い事の送迎、学校でのボランティア、など、仕事より子供に時間をかけるためにあえて「キャリアをあきらめた」という主婦が私の回りには多いです。(彼女たちが仕事やめても、ご主人の稼ぎで食っていけるからできるワザですが)

この方たち、学校の行事やPTAに積極的に関わり、その他の時間はジムに通ったり、各種習い事、と話を聞いてるとうらやましいです。。。。

地域によって、アメリカは差が大きいと思いますが。。。


多いです。  絶対多数です。 NotSo Fast 2010年9月9日 12:01

私のいる欧米では、ほとんどが専業主婦で、共稼ぎというのは聞いたことがありません。  ほとんどが豪邸に住んでおり、ご主人の収入で充分の暮らしをされ、それがステイタスのようです。 ここ欧米では、共稼ぎの家庭は、一般的に職業婦人と呼ばれ、どちらかというと、労働者階級というか、中産階級を指す場合が多いようです。


香港ですが キノコ 2010年9月9日 13:17

地元の人は結婚しても出産してもほとんど働いています。
専業主婦が多いのは海外からの駐在員の奥様か、
経済的になんとかなる場合、不動産たくさんもっているとかかな。。?

この国ではすっごいお金持ちの奥様もビジネスしてる人が多いように感じます。


地域によってもさまざま アメリカで主婦 2010年9月9日 13:48

私はアメリカに12年住んでいます。その間5つの州に住みましたが、州によっても、また住んでいる地域によっても様々だったように思います。今現在はカリフォルニアですが、このエリアの特徴かもしれませんが専業主婦が多いです。子供の学校の送り迎え、学校でのボランティア、習い事の送り迎えに奔走しているママさんが多いです。
以前住んでいた州ではバリバリ働いている奥さんが多かったです。

ちなみに私はカリフォルニアに越してきたのを境に仕事をやめて妊娠、出産。そのまま専業主婦をしています。

働いていたときもそうですが、専業だろうと、兼業だろうと外野が色々言うことが日本のようにないので、今の状態はとっても居心地はいいですね。自分が好きなことをしてるんだから、他人が色々言うことはないっていうのが基本ですから。

ヨーロッパなんかはどうなんでしょうか?
フランスとイギリスに友人が住んでいるのですが、二人とも働いていますね、そういえば。


右寄り保守的だと多いかな。 たま 2010年9月9日 13:54

アメリカに住んで10年になります。
いろいろなエリアに住みましたが、まさに仰る通り地域差が凄いです。特に地域が保守的かどうかによっても異なると思います。

日本人がツアー旅行ではまず行く事が無い様な比較的田舎のエリアで、しかも右寄りの保守的な所はひと昔前の日本の様に男は外で朝晩働き女は家事育児で家を守る、みたいな事が多いです。婚期が早く、妻が働いている場合でも結婚が10代後半から20代前半で30までには小学生の子供が2、3人いるなど。田舎なので25過ぎると同年代の独身は周りにいない状態。超年下か、かなり上で離婚歴のある人ぐらいしかいなくなるので、高校時代に必死に相手を見つけ、大学入学頃婚約、大学出る前に結婚、というパターンが珍しく無いです。

逆に日本人も良く行くような大都市では、共働き度は高いですが、専業主婦願望のある家庭でも生活の為に仕方なく共働きな場合と、女性の経済自立は当たり前という考えからの共働き両方があります。とても裕福な家庭になると家政婦乳母付きの専業主婦か、趣味程度の収入付きの娯楽の事を仕事と言っているかだと思います。

もちろん例外も沢山ありますよ。


オーストラリア どんぐり 2010年9月9日 14:35

です。離婚率は50パーセント切ったと聞きますが、私の周りは断然専業主婦が多いです。基本的に、子供手当てのようなものが手に入るので、バタバタと世話しない兼業生活を送るよりは、子供に手を掛けてあげられる専業生活を選ぶ人が多いのだと思います。

こちらの子供はノビノビしてます。。。日本の小学校ではイライラした子どもが多くて驚きましたが、こちらの小学校を初めて訪問した時、子どもらしい子が多いことが印象的でした。日本の悪口ばかり言いたくないけど、日本の子どもは妙に大人びて、残酷な事を平気で言ったり、していいこと悪いことの区別が「子どもだから」ですごいあいまい。

オーストラリアのお母さんは、とってもお母さんらしい人が多いです。日本のママ達は「母に見えない母」を素敵だと思うようですが、こちらでは純粋に子どもを中心に考えての母親のあり方があるので、参考になります。

ちなみに、アメリカのお母さんはWMが多かったです。生後6週間くらいで保育園に通う子供達。はっきり言って可哀想でした。ママが専業ならゆ~っくりしていい月齢だもの。


北欧ですが クルタ 2010年9月9日 18:33

専業主婦はめったにいません。いるとしても今子供が小さいからとか,何か理由がある場合がほとんどです。そういう人でも職業を聞かれたら「専業主婦」でなく自分の本来の職業を答えます。つまりまたその職業に戻るのが当たり前と考えています。

育児休暇は性別にかかわらずたっぷり取れ,復帰も保障されています。一方,保育等のサポートにしても,就業しながらの育児がしやすくなっているので長く育児休暇を取らない人もいます。

専業主婦だから裕福な家庭といったイメージはありません。


難しい質問ですね(笑) ふらんしーぬ 2010年9月9日 18:49

「アジアでは専業主婦は多いですか」というのと同じくらい難しい質問ですね(笑)。アジアの場合、女性が外に出ないイスラム国、日本のような工業国、そしてメイドを安く雇える香港やシンガポールなどでは既婚女性の就業率に大きな違いがあります。これと同様、「欧米」も社会の仕組みや文化によって、千差万別でしょう。

わたしは在仏ですが、フランスの場合、まったくの専業主婦は「外で働くのに必要な知識や技術がない人」と認定されがちです。イスラム系移民(字が読めない人もいる)などがそれに相当します。税金や社会保険のシステム上も、中流階級では(育児休暇中を除き)女性が働かざるを得ない構造になっています。

で、資産と世帯収入が潤沢にあって働かなくても生きていけるアッパーミドルや上流の専業主婦の場合、家に閉じこもっているのではなく、「芸術家として活動中(実態は素人に毛が生えた程度の作品であっても)」「チャリティの組織を運営している」など、盛んに有能ぶりをアピールし、単なる専業主婦ではなく社会的に何かの「役割」を持っていることを強調するみたいです。


少ないです oc 2010年9月10日 1:30

あくまでも私の住居地域の印象ですが、
米国、西海岸、大都会でアジア系も多い地域です。
大学時代に米人の友人(白人女性)が言っていました。
「今時専業主婦だと能力の無い、社会的向上心の無い女と見られるかもね」
その時は何て恐い発言!と呑気な私は思いましたが、
米国でも非常に物価、不動産が高い場所に暮しているので、
よりよい環境を求めて、共働きが当たり前になっています。
(米国は学区など住み分けがはっきりしています)
日本と決定的に違うのは民間企業勤めの夫の帰宅時間。
ある程度フレックスなので毎日6時までに帰宅、
子育ても夫の方が積極的なので学校関係は一切任せてます。
日常で言えば掃除洗濯も日本に比べて簡単ですし、
キャリアで言えば大学復学、女性の職場復帰など、
環境が圧倒的に違うと思います。(最近不況で大変ですけど)
専業主婦の友人もいますが、複数の子育て中、
駐在員の妻くらいで少数派です。


割合は知らないけど いろいろ 2010年9月10日 4:15

現在アメリカで保守的な地域の大都市(要は南部です)
近郊に住んでいますが、
私の周りは、夫の同僚の奥さんも含めれば専業主婦ばかり。
三つ子が誕生し退職し専業主婦という方もいれば、
結婚しておらずGFなのに働かず家事をし、
BFの家に一緒に住んでいる20代まで
(これにはさすがに驚きました 今後結婚予定らしい)

また車社会で父母のどちらかが子供の送迎で
結構な距離を運転するので、つきっきりな感じです。
複数子供がいたら運転ばかり、みたいな。

学校で教師を助けたり
フィールドトリップの付き添い等は大抵専業主婦が
やっています。

アメリカは意外に(住んでみるまでは実感がなかったけれど)
宗教的保守、政治的保守がいて、
婚前交渉を良しとしないから
早く結婚したいという層もいるし色々です。勿論高学歴でキャリアを追求したり、
仕事を続ける人達も
大勢います。最近、博士を取りに学校に戻ると退職した20代女性、
彼女が博士号を取りに引っ越すので、それに付いて行くといって
転職した20代男性がいたり、夫婦で専門職で同じ会社勤務などもいます。










41 :名無しさん ~君の性差~:2010/09/10(金) 14:08:44 ID:rAyM5VW6
欧米では専業主婦は多いですか?
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/0909/346021.htm

また「欧米」か。
小町って「欧米」在住が多いんだってねえ・・・さぞかし海外からのアクセスが・・あれ?

http://www.google.com/trends?q=発言小町&ctab=0&geo=all&date=all
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
更新情報
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

GenderWarrior

Author:GenderWarrior
男女の主張・いざこざ・罵詈雑言をまとめています。

書籍
「恋は狂気の沙汰」と言う。もともと、恋愛というものはロミオとジュリエットの昔から、通常の社会規範を飛び越えた行動を人に起こさせる一種の異常状態とされてきた。人は恋をすると正常な状態を失い、まじないにかかったようにトンデモが憑依する。そして人は異性にのみ恋をするのではなく、エロアニメに、老人に、寄生虫にだって恋をする。そんな、と学会がおとどけする二十一世紀を代表する愛の奇書、堂々文庫化。
愛のトンデモ本(上)

愛のトンデモ本(上)

価格:650円(税込、送料別)

最新コメント
最新トラックバック
タグクラウド

リンク
検索
RSS
男女戦争
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールで読む

Enter your email address:

Delivered by FeedBurner

プラグイン

あわせて読みたいブログパーツ
フィードメーター - 男女戦争

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。